Machiya Inn
welcomes you to historic Omihachiman

Classic Style & Modern Comfort

歴史と伝統が静かに息づく街、湖国滋賀、近江八幡。その中心にある客室3部屋のみの小さなゲストハウスです。

Machiya

江戸末期創業の酒蔵跡の町家を改装した、和の趣に包まれた静かな佇まい。喧騒から離れてゆっくりとした静かな時間のなかで心安らぐお時間を。

Cuisine

豊富な水源と肥沃な土壌から生まれる地の素材の数々。この土地ならではの旬のお食事を、お好みに合わせてお選びいただけます。

Art & Culture

滋賀の作家による現代アートの数々が和の空間を優雅に飾ります。文化芸術の街でもある近江八幡にて、アートが香るひとときをご堪能ください。

A Look Inside

  • 施設について

    1階は、客室2部屋、談話室、共同キッチン。2階は、客室1部屋となります。トイレと洗面は、1階と2階の両階に設けております。共同の浴室、シャワー室は1階にございます。

    Wi-Fi は全館で使えます。

    チェックイン は15:00〜18:00。チェックアウトは10:00まで。

    宿泊案内

お部屋タイプ

和室1 ¥32,000/1部屋から

伝統的な京間でお部屋の両サイドにお庭がついた1階14畳のお部屋です。10名までお泊りいただけます。

お部屋について

和室2 ¥21,000/1部屋から

出格子から通りを眺められる1階7.5畳のお庭がついたお部屋です。5名までお泊りいただけます。

お部屋について

洋室 ¥32,000/1部屋から

厨子二階とよばれる町家独特の建築様式で、虫籠窓から通りを見渡せる納戸付き10.5畳のお部屋です。ベッドになります。4名までお泊りいただけます。

お部屋について

Where We Are

近江八幡について

写真©近江八幡観光物産協会

昔の面影を今に残す美しい城下町、近江八幡。豊臣秀次が築き、近江商人が発展させました。白壁が立ち並ぶ八幡堀や、近江商人の商家が今もそのまま軒を並べるしっとりとした街並みに、歴史と文化の重厚な香りを感じていただけます。近年は、その佇まいが時代劇のロケ地として人気を博しています。古くから伝わる祭事の数々も街を艶やかに彩ります。なかでも、「近江八幡の三大火祭り」は有名で、そのダイナミックさと幻想的な風景を求め、毎年たくさんの人が訪れます。

また、近江八幡はアートで溢れる街としても知られています。ボーダレス・アートミュージアムNO-MAをはじめ、国際芸術祭「BIWAKOビエンナーレ」の舞台となるなど、芸術が街全体に自然に溶け込んでいます。

伝統と文化、芸術が交差する街の中心に位置する当館を、旅の拠点として是非ご利用ください。

住所・地図




行き方と周辺案内

詳しい道順と施設周辺の案内はアクセスページをご覧ください
アクセス